wimax2+は「下り最大440Mbpsの高速通信」「データ容量無制限プラン」「人口カバー率99%」「工事不要で即日開通」「家でも外でもネットが出来る」など売りの多いモバイルwifiルーターです。

そのwimax2+のエリア確認契約をするうえでの大事なポイントとwimax2+の安いキャンペーンについて解説していきたいと思います。実際に自身でwimax2+を契約し、使用しているので気付きにくいポイントなども解説できたらと思います。

志摩市はwimax2+のエリア内?ポイントは?

志摩市はwimax2+の提供エリアですが、使用する方によって細かい場所が変わってきます。なので志摩市のエリア確認をする場合、

  1. 大まかなサービスエリアマップの確認
  2. 自宅もしくは使用住所のピンポイントエリア確認

の順で行いましょう。

2のピンポイントエリア確認では、〇△×の3種類があり、〇の場合だけ申し込むのが無難です。

▼こちらのサイトから確認できます▼

>>BroadWiMAX公式サイト<<

ここでエリア確認の際のポイント!

商品到着後8日以内であればキャンセル可能

wimax2+のエリア確認をしっかりしたのに、実際使用すると通信速度がかなり遅い、または使用できない。という場合もまれにあります。そういった場合、H28年5月21日に施行された初期契約解除制度というクーリングオフのような制度ができました。なので万が一の時もキャンセルできるので安心してインターネットの申し込みが可能です。

UQWiMAX公式サイトでお試しレンタルできる

エリア確認をしたけどやっぱり使用できるか心配だという方は、実はwimax2+のレンタル制度があります。多少手間はかかりますが、実際に15日間のレンタルが可能なのでこちらもおすすめです。レンタル申し込みはUQwimaxの公式サイトからできます。ちなみにプロバイダによってエリアや速さが違うなんてことはないので、UQwimaxでお試しできれば他プロバイダでももちろん使用できますので安心してください。

wimax2+の契約は2年もしくは3年プランがある。どちらがいい?

wimax2+の契約期間は主に2年契約もしくは3年契約があります。(実際は4年契約もあります)

2年契約のメリット・デメリット

  • 2年ごとに新しい機種に変更できる
  • 使っている機種が古くなる・バッテリーの不具合が出ても2年なので安心
  • ハイスピードプラスエリアモード(LTEオプションプラン)の利用が1005円かかる

3年契約のメリット・デメリット

  • ハイスピードプラスエリアモードの利用が0円
  • 端末に不具合などが出てきても3年間待つ必要がある

個人的には2年契約がおすすめ・ハイスピードエリアプラスモードとは?

端末の寿命や新しい機種が発売されるスパンを考えると、やはり3年はかなり長いので2年契約がおすすめです。

逆に3年契約がおすすめの方はハイスピードエリアプラスモードを使用したい方。ハイスピードエリアプラスモードとはwimax2+よりも広いau4G/LTEのエリアでもネットが使用できるモードです。そのエリアを無料で使用できるので、どこでもネットを楽しみたいという方にはおすすめの契約です。

ここで注意点

ハイスピードエリアプラスモードはデータ容量上限がある

後述しますが、wimax2+はデータ上限無制限がおすすめのプランになります。ただし無制限プランで契約していても、ハイスピードエリアプラスモードの使用に関しては実は上限が7Gとなっています。7Gを超えた場合速度制限がかかりますが、一度速度制限がかかるとwimax2+のモードに変更しても速度制限はかかったままになります。

wimax2+のデータ容量は無制限もしくは7G

wimax2+の特徴はデータ無制限プランです。ソフトバンクやドコモのモバイルwifiルーターの場合は上限があったり料金も高かったりするのでwimax2+で契約するなら無制限のプラン、いわゆるギガ放題プランがおすすめです。

無制限だが、3日で10Gという上限が存在する

wimax2+は3日で10Gの使用量を超えると翌日の18時~翌2時まで速度制限がかかります。制限後は1Mbps以下の速度になります。ちなみに10Gの目安は標準画質のyoutubeを約47時間視聴程度です。

もちろん上限7Gのプランでもいいですし、一度ライトプランで契約し無制限に変更でもいいと思います。ただ、自身も7Gプランを使用した経験がありますが、意外と上限を気にしながらネットをしなければいけません。

ここで7Gのライトプランを考えている方に紹介!

上限20Gで2760円のネクストモバイル

wimax2+ではなくソフトバンクのモバイルwifiにはなりますが2760円で20Gものデータ容量を楽しむことができます。エリアは広くてつながりやすく、速度はwimax2+ほどではないというモバイルwifiルーターです。安い料金で20Gものネットが楽しめるので7Gを考えていた方は参考にしてみてください。

▼ネクストモバイルはこちら▼

wimax2+の機種はどれがおすすめ?

wimax2+では現在発売されている最新機種が「Speed Wi-Fi NEXT W05」です。理想はこの最新機種が無料で手に入ることです。しかしプロバイダによっては「Speed Wi-Fi NEXT W04」だったり端末代金がかかる場合もあります。実際は04も05も性能は大差ないのですが、せっかくなら最新機種を手に入れたほうがいいです。もちろんこの後紹介するプロバイダは「Speed Wi-Fi NEXT W05」が無料で手に入ります。

付属品のクレードルは必要か?

初めてwimax2+を契約する方はクレードルは何?と疑問があると思います。クレードルとはwimax本体の充電台です。さらに例えば無線wifiをつなぐ機能がないパソコンやテレビでネットを楽しむためにLANケーブルをつなぐ中継点としても使用できます。

クレードルはなくても問題はない

クレードルは充電代の代わりになりますが、付属品でケーブルはついてきます。なのでスマホの充電器のアダプタやパソコンにつなげば充電はできますので、LANケーブルの中継点として使用したい方は申し込みしましょう。

wimax2+の安いキャンペーンを比較・紹介!

ここからは今まで解説してきた点を踏まえて、wimax2+をより安く契約できるキャンペーンを紹介していきます。期間限定、当サイト限定のページも紹介していますので是非参考にしてみてください。

  1. 最大43000円キャッシュバックキャンペーン!GMOのwimax2+

    現在2年プランで最新機種w05を選んだ場合、32300円のキャッシュバックを受けることができます。キャッシュバックを考慮するとwimax2+のすべてのプロバイダの中で最安となるのがこちらの申し込みサイトです。3年プランで申し込む場合は最大43000円のキャッシュバックを受けることができます。

  2. キャッシュバックの手続き不要!とにかく月額が安いGMOのwimax2+

    GMOとくとくBBはキャッシュバックが特徴ですが、現在はキャッシュバックを受けなくても安い申し込みサイトがあります。2年プランでw05が選択でき、こんなに月額が安いwimax2+は他にはありません。キャッシュバックの手続きが苦手な方には特におすすめしたいwimax2+の申し込みサイトです。

  3. サポート安心のwimax2+ならブロードwimax

    7505

    初めてwimax2+を申し込む方はGMOってどこの会社?という疑問や安すぎて逆に不安という方もいるかと思います。そんな方は月額が単純に安いブロードwimaxがおすすめです。ブロードwimaxを提供する会社は他にもCMで有名なUQモバイルの代理店も手掛けており安心です。3年プランしかありませんがキャッシュバック等の手続きも不要、おすすめできるプロバイダです。

 

以上wimax2+を契約するうえでのポイントを押さえて解説してみました。参考になっていただけると嬉しく思います。

wimax2+エリア 三重県志摩市
詳細エリア 磯部町五知付近(五知駅付近)
緯度・経度 34.407259 ・136.810655
その他

エリアひらがな・・みえけんしましいそべちょうごち

エリア沿線・・近鉄志摩線(きんてつしません)

〒517-0201・・志摩市磯部町五知東川46-9